新型コロナの支援策をご案内します

県内の文化芸術・エンターテインメント関係者の皆様へ

沖縄県知事 玉城デニー

 新型コロナウイルス感染症防止対策として、県内でも多くの公演やイベントが延期・中止を余儀なくされています。
 文化芸術・エンターテインメント関係者の皆様におかれましては、活動が制限されているだけでなく、収入や生活にも大きな影響を受け、苦しい思いをされている方もいらっしゃると思います。
 このような状況から、沖縄県では、皆様が国、県等の各種支援策を活用し、今後の文化芸術・エンターテインメント活動を継続していけるよう、支援策に関する情報の収集・発信を行う案内窓口を設置することとしました。
 沖縄の文化芸術は、長い歴史の中でつくられ、伝えられてきた英知の結晶であり、人々が心豊かに生き、活力ある社会を築き、世界と友好を深めていく基盤として、沖縄県の発展に欠かせないものです。
 皆様におかれましては、お近くの関係者にもお声掛けいただき、この案内窓口を活用して、各種支援策等の把握、申請を進め、活動の継続・発展につなげていただきますようお願い申し上げます。

どの支援策が該当するか、どの順番で検討するかが重要です
・給付→猶予→貸付の順で検討を進めることをおすすめします。
・信頼のおけるご家族、お弟子さんの協力も得ながらひとつずつ取り組んでいきましょう。
・まずは、次の3つの給付支援策を活用しましょう。
特別定額給付金
【対象】国籍を問わず住民基本台帳に記録されているすべての人
・1人につき10万円が給付されます
・窓口はお住いの市町村。市町村から受給権者宛に郵送された申請書またはオンライン「マイナーポータル」での申請となります。
・受付期間:郵送方式の申請受付開始日から3ヶ月以内(開始日は居住市町村ごとに異なります)
・相談ダイヤル:0120-260-020(毎日9:00-20:00)
こちらをクリック(外部サイト)
持続化給付金
【対象】事業収入が前年同月比50%以上減少した事業者
・法人最大200万円、個人事業者最大100万円が給付されます
・事業の継続を支え再起の糧となる、事業全般に広く使える給付金を支給。基本的にオンラインでの申請となります
・受付期間:令和2年5月1日(金)から令和3年1月15日(金)まで
・相談ダイヤル:0120-115-570 / 03-6831-0613(毎日8:30-19:00)
こちらをクリック(外部サイト)
うちなーんちゅ応援プロジェクト※終了しました
【対象】※県の休業要請に応じた琉舞教室、三線教室、ライブハウス、ギャラリー等も対象となる可能性があります
●感染症拡大防止協力金:
 2020年4月24日(金)から5月6日(水)全期間休業に応じた事業者は、20万円の協力金があります
 受付期間:令和2年5月11日(月)から同年6月30日(火)まで ※終了しました
うちなーんちゅ応援プロジェクトには他に「感染症防止対策緊急支援事業(飲食店)※受付期間6月15日(月)まで」、「感染症防止対策支援事業(小売業等)※受付期間6月30日(火)まで」の支援策もあります。
詳細は下記“こちらをクリック”より沖縄県のサイトをご確認ください
・相談ダイヤル:098-851-9990(毎日9:00-17:00)沖縄県支援金等相談センター ※7月15日(水)まで
  
【申請書の取得方法】下記“こちらをクリック”より沖縄県の公式サイトからダウンロード、または沖縄県庁(1F 県民ホール)、沖縄県北部合同庁舎(1F 名護県税事務所内)、沖縄県中部合同庁舎(1F コザ県税事務所入口)、沖縄県宮古合同庁舎(2F 総務課入口)、沖縄県八重山合同庁舎(2F 総務課入口)、各地域の商工会および商工会議所でも入手可能です。
こちらをクリック(外部サイト)

1~3以外の給付金もあります。
1~3の給付金を検討したら、次に税金や公共料金支払いの猶予措置や、貸付金の活用も検討しましょう。

新型コロナウイルス関連の支援情報 案内窓口

どういった支援が当てはまるのか分からないなどお困りの方は下記までご相談ください。
TEL:070-3803-4921 沖縄県文化振興会 内
受付時間 9:00-16:30(平日のみ)
※土日祝日を除きます
※通信料は相談者負担となりますのでご了承ください

問い合わせフォーム:こちらからお問い合わせください

サポートされていないブラウザです。
申し訳ございません。お客様がお使いのブラウザのバージョンでは、ウェブサイトをご覧いただけません。
大変お手数ですが、ご利用のブラウザバージョンをご確認のうえ、最新のものにアップデートしてください。